ウォーターサーバーは水道水より安全?

水道水がおいしい都道府県

ウォーターサーバーは水道水より安全?

あなたは、毎日の生活の中で飲む飲用水に何を選んでいますか?
水道水を当たり前にそのまま飲んでいる人もいれば、カルキや塩素を気にして水道に浄水器を付けている人もいるのではないでしょうか。
また、そもそも「水道水なんて飲まないよ!」という人も今は少なくありません。
ペットボトルのミネラルウォーターを常時持っている人も多いですし、自宅や職場にウォーターサーバーを入れている人も多いようです。

そんな様々な「水」の中でも、最近特に人気があるのが「ウォーターサーバー」です。
ウォーターサーバーは、水道が止まってしまった東日本大震災の時に普及して人気を博していますが、実は水道水よりも衛生的に不安な面があることが分かってきました。
しかし、ウォーターサーバーは水道水よりもおいしく安全だと信じて赤ちゃんのミルク用に使用しているという人もいるので、ちょっと心配ですね。
そこでここでは、水道水とウォーターサーバーではどちらがより安全なのかについてお伝えしていきます。

水道水は、水道法という法律により50項目もの水質基準が定められています。
ですから、カルキや塩素を浄水器などで除去してしまえば「日本一安全な水」といっても過言ではないほどです。
その一方でウォーターサーバーの水質基準は水道水の基準には程遠いものです。
ボトル内の水は水道水のようにカルキや塩素で殺菌処理が行われてない上に、ミネラル成分などが豊富に含まれているため雑菌が繁殖しやすいのです。
また、ボトル内の水がいくらキレイでもボトルを取り付けるサーバー内は雑菌が繁殖しやすい環境にあります。
そのため、実はウォーターサーバーよりも水道水の方が安全だと言えるのです。

では、どんなウォーターサーバーであれば安全に飲み続けることができるのでしょうか?
近年、ウォーターサーバーの安全基準は厳しくなってきています。
ですから、そうした厳しい安全基準を独自で設けているような会社のウォーターサーバーであれば、通常のものよりも安心して使用することができるでしょう。
また、最近では水道直結のウォーターサーバーというものも販売されています。
そうしたタイプの機材を使ってみるのもオススメですね。
あなたもぜひ、こちらを参考にして自分の生活に合ったウォーターサーバーを吟味してみてください。