ミネラルウォーターと水道水の違いとは?

水道水がおいしい都道府県

ミネラルウォーターと水道水の違いとは?

あなたが毎日飲んでいる水は水道水ですか?それともミネラルウォーターですか?
私たち人間は身体の約60%が水分で構成されているため、食事や飲水など何らかの形で水分を摂取しなくては生きていくことができません。
昔は、川から水を汲んできて飲んだり井戸水を飲んだりして生活をしていましたが、今の日本では全国各地どこにでも水道がきちんと供給されています。
ですから、日常生活で水道水を使っている人が大多数でしょう。
しかし、水道水には消毒のためにカルキや塩素などの薬品が使用されています。
健康志向の高い人が多い現代ではそうしたことを気にする人も多いようで、料理には水道水を使うけど直接飲むのはミネラルウォーターという人も少なくないようです。
では実際に、ミネラルウォーターと水道水ではどのような違いがあるのでしょうか?
ここではそれぞれの成分や安全性の違いに注目してお伝えしていきたいと思います。

まずミネラルウォーターですが、その名の通りナトリウムやカルシウム、マグネシウムといったミネラル成分が含まれています。
これらの成分の量は使用されている原水の水質により多少違いがあるものの、どのミネラルウォーターにもこれらの成分が含まれていることは間違いありません。
では、水道水の方はどうでしょうか?
実は、水道水にもナトリウムやカルシウム、マグネシウムといったミネラル成分が含まれているのです。
ですから、一般的な消費者の認識で「水道水よりもミネラルウォーターの方がミネラル成分が含まれていて身体に良い」と思われているようです。

次に、ミネラルウォーターと水道水の安全性に違いはあるのでしょうか?
一般的な消費者の認識では、何となくペットボトルに詰められているミネラルウォーターの方が安全な気がしているのではないでしょうか。
しかしこれも誤った認識で、実は水道水の方がより高い安全基準でチェックされているのです。
水道水は、法律により50項目の水質基準でチェックされています。
一方、ミネラルウォーターはその半分以下の18項目の水質基準チェックがクリアできれば良いとされています。
このように、私たちの身近にある水道水とミネラルウォーターには一般的な認識とはまた違った事実があるのです。