赤ちゃんのミルクに水道水はNG?

水道水がおいしい都道府県

赤ちゃんのミルクに水道水はNG?

私たちの生活に欠かせない「水道水」。
老若男女を問わず、生活のあらゆる場面に水道水が欠かせません。
そんな中、一番気を使うのは赤ちゃんに対する水道水の使い方なのではないでしょうか。
特に、初めてママになる人にとっては赤ちゃんのミルクや沐浴に水道水を使ってよいのかどうかということについては悩むところでしょう。

なぜなら、水道水には塩素やカルキといった消毒薬が入っているからです。
水道水は、湧き水や地下水、河川や湖沼の水を原水とし、浄水処理を施して各家庭に供給されます。
その過程で、多かれ少なかれ必ず行われるのが「消毒」です。
原水の中にいる有害な微生物や雑菌を処理するために欠かせない消毒ですが、免疫や抵抗力が弱い赤ちゃんにとってそうした消毒薬が良いのかどうか不安になりますよね。
そこでここでは、赤ちゃんのミルクや沐浴に水道水は使って良いものなのかについてお伝えしていきます。

そもそも、水道水にはなぜ塩素やカルキが使われているのでしょうか?
日本の水道水の殺菌基準は世界でも類を見ないほど厳しいもので、生涯にわたって水道水を飲んでも大丈夫だと言われているほど安全なものです。
ですから、自治体の水道局などにこうした質問をすると赤ちゃんに飲ませても問題はないと言われるでしょう。
しかし小児科の医師などに尋ねると、人によっては「1歳を迎えるまでは控えた方が良い」と答える医師もいます。
ですから、万一のことを考えると赤ちゃんのミルクなど口から直接体内に入っていくような使用法としては水道水を控えた方がよいようです。
もちろん、赤ちゃんの沐浴などに水道水を使用するのは問題ありません。

では、赤ちゃんのミルクに水道水を使いたい時にはどうすればよいのでしょうか?
一番手軽な方法としては、水道水を一度煮沸してから使うとカルキや塩素が緩和されるので良いと言われています。
しかし煮沸したら早めに使わないと、時間が経つと雑菌が繁殖するので注意が必要です。
このように赤ちゃんのミルクに水道水を使うことは決してNGではありませんが、この記事を参考にしていただき注意して使ってくださいね。