水道水がまずい理由

水道水がおいしい都道府県

水道水がまずい理由

最近巷で注目され始めている「水道水」の存在。
あなたは、水道水についてどのようなイメージを持っていますか?
生活用水として日本全国どこにいってもきちんと整備され供給されている水道水。
しかし、飲用水として飲むには「まずい」というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
そうしたイメージを払拭するべく、近年全国各地の水道局ではそれぞれに「おいしい水道水」を作り出すべく試行錯誤が行われています。

例えば、福岡県久留米市では筑後川の水量豊富な河川を原水とした水道水が供給されていますが、この水道水を更においしくするための工夫がされています。
高度な浄水処理を導入して水質を上げることに成功、今はそれをペットボトルなどに詰めて「おいしい水道水」として販売しています。
これは福岡県だけでなく、東京都や他の自治体でも積極的に行われている活動で、実際にミネラルウォーターとの飲み比べイベントなども開催されています。
ですがこれは、裏を返せばここまでしないと水道水が「まずい」というイメージが払拭されないということの現れだと言えます。
どうして水道水というのは、そんなにまずいと思われているものなのでしょうか?
そこでここでは、水道水がまずい理由についてお伝えしていきます。

水道水の味というのは、どういったところで決まるのでしょうか。
水道水というのは「原水」と呼ばれる水にろ過や消毒を施して各家庭に供給するものです。
そんな水道水の味は、原水そのものの水質とろ過や消毒の加減によって大きく変わります。
おいしい水道水というのは、原水の質が良く湧き水や地下水を使っており、そのため大掛かりなろ過作業や消毒の必要が少ないため「おいしい」と感じるのです。
ですが、まずい水道水は原水に汚染された河川や湖沼の水が使われているのでしっかりろ過して大量の消毒薬を使って処理したものを水道水として供給しています。
そのため、どんなに安全な水でも「まずい」と感じてしまうものなのです。