水道水がおいしい県ランキングとは?

水道水がおいしい都道府県

水道水がおいしい県ランキングとは?

日本は国土を海に囲まれた島国であり、また国土の60%以上が山地で構成された山岳国家です。
また、日本には今も活動している活火山があり、そのことが傾斜のある山々を作りおいしい水道水のもととなる清流を作り出しています。
今まではそうした美しい清流を活用したミネラルウォーターなどに人気が集まっていたのですが、近年は日本各地の水道水の水質やおいしさが見直されてきています。
水道水の浄水処理が飛躍的に進歩したことにより、水質はもちろん味もミネラルウォーターに引けを取らないものが作られているのです。
では実際に、日本全国の水道水の中で一番おいしい水はどの都道府県で飲めるのでしょうか?
そこでここでは、水道水がおいしい都道府県ランキングをお伝えしていきます。

まず、おいしい水道水の条件とはどのようなものなのでしょうか。
水道水は、河川の水をろ過して不純物を取り除く浄水処理を行い、消毒をしてから私たちの家庭に供給されています。
水道水のおいしさは、その浄水処理のろ過の具合と使われている消毒薬の量などで変わってくるものです。
その水質は、大きく分けて4つに分けられます。
特級水というのは少量の消毒のみで飲める良質な湧き水や地下水を水道水として供給するもの。
1級水は、汚染のない上流河川や湖沼、伏流水を原水として緩速ろ過をほどこしたもの。
2級水や3級水は汚染された河川や湖沼を原水としてろ過や消毒をほどこしたもの。
水道水の品質というのは以上のように分けられていますが、やはり一番おいしいと感じる水道水は特級水です。

では、この特級水にあたる水道水を供給している都道府県は一体どこなのでしょうか?
水道水がおいしい都道府県ランキングのトップ3は、1位福井県、2位熊本県、3位鳥取県です!
この3県に共通する水道水の特徴はどのようなところなのでしょうか。
いずれの県も、水道水の原水に湧き水や地下水が使用されており、多量の消毒薬や薬品によるろ過処理などを必要としないという特徴があります。
そのため、身体にすっと沁み込むような優しい水質の水が水道水として供給されているのです。
あなたもぜひ、水道水がおいしい県の水を一度飲んでみてくださいね。